表示: Delphi C++
表示設定

System.SysUtils.FileCreate

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function FileCreate(const FileName: string): THandle;
function FileCreate(const FileName: string; Rights: Integer): THandle;
function FileCreate(const FileName: string; Mode: LongWord; Rights: Integer): THandle;

C++

extern DELPHI_PACKAGE NativeUInt __fastcall FileCreate(const System::UnicodeString FileName)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

新しいファイルを作成します。

FileCreate は、指定された名前で新しいファイルを作成します。 戻り値が INVALID_HANDLE_VALUE ではなかった場合、関数は成功したことになり、値は新しいファイルのファイル ハンドルとなります。 戻り値が INVALID_HANDLE_VALUE だった場合、それはエラーが発生したことを意味します。

Delphi 2010 以降、FileCreate に対する戻り値は、整数型から THandle に変更されました。

 var
   MyFile: THandle;
 begin
   MyFile := FileCreate('C:\temp\bla.txt');
   if MyFile = INVALID_HANDLE_VALUE then
     raise Exception.Create('File already exists');
 end;

以前の動作を維持するには、FileCreate 戻り値を NativeInt へキャストし、それから戻り値 -1 をエラーとして処理します。 次のコード スニペットでは、そのやり方の例を示しています:

var
  MyFile: Integer; // 32 ビット プラットフォームの場合。
begin
  MyFile := NativeInt(FileCreate('C:\temp\bla.txt'));
  if MyFile = -1 then
    raise Exception.Create('File already exists');
end;
メモ: Windows では、FileAccessRights 変数および Rights パラメータは無視されます。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance