表示: Delphi C++
表示設定

System.UnicodeString

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

type UnicodeString = { built-in type };

C++

class RTL_DELPHIRETURN UnicodeString

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
type
class
public
System.pas
ustring.h
System System


説明

UnicodeString は、Delphi の UnicodeString 型に相当する C++ の型です。

Delphi では、複数の文字列型を使用します。 UnicodeString には、Unicode と ANSI 両方の文字列を入れることができ、ANSI 文字列はまず変換されます。 この型に対するサポートには、次の機能が備わっています:

  • 使用可能なメモリと同じ大きさの文字列が可能です。
  • 共有参照を通じてメモリの効率的な使用が保証されます。
  • ルーチンおよび演算子は現在のロケールに基づいて文字列を評価します。

初期値が割り当てられていない UnicodeString 変数には、長さ 0 の文字列が格納されています。

メモ: Delphi でも UnicodeString がサポートされていますが、クラスではなく基底型(プリミティブ型)として実装されています。 デフォルトでは、文字列型として宣言されている変数は UnicodeString になります。

文字列インデックスは、デスクトップ プラットフォームでは 1 始まり、モバイル プラットフォームでは 0 始まりです。詳細については、「デスクトップからモバイルへの Delphi コードの移行」を参照してください。

ヒント: インデックスを指定しなくても、文字列の値を走査することはできます。 Delphi では、for … in を使用します。 C++ では、範囲ベースの for ループClang 拡張 C++ コンパイラでの場合)および STL イテレータ を使用すると、インデックスを指定しなくても文字列の値を走査することができます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance