表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Controls.TControl.ClientRect

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ClientRect: TRect read GetClientRect;

C++

__property System::Types::TRect ClientRect = {read=GetClientRect};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Controls.pas
Vcl.Controls.hpp
Vcl.Controls TControl

説明

コントロールのクライアント領域のサイズをピクセル数で指定します。

ClientRect プロパティは,コントロールのクライアント領域のサイズを調べるときに使用します。ClientRect は,矩形領域の Top と Left 項目を 0,Bottom と Right 項目をコントロールの Height と Width とした値を返します。ClientRect は,Rect(0, 0, ClientWidth, ClientHeight) と同じです。

点は,左辺上または上辺上にあればコントロールのクライアント領域の内部にあるとみなされ,右辺上または下辺上にあればクライアント領域の内部とはみなされません。つまり,クライアント範囲の内側にあるようにするには,x 座標は ClientRect.Left 以上 ClientRect.Right 未満の値,y 座標は ClientRect.Top 以上 ClientRect.Bottom 未満の値にする必要があります。

メモ:  ClientRect プロパティは,コントロールの論理クライアント領域ではなく物理クライアント領域のサイズです。コントロールがスクロールをサポートしている場合,ClientRect はスクロール領域全体ではなく,指定した時間で利用可能な領域だけです。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance