表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Controls.TControl.SendToBack

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure SendToBack;

C++

void __fastcall SendToBack();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Vcl.Controls.pas
Vcl.Controls.hpp
Vcl.Controls TControl

説明

ウィンドウコントロールを他のすべてのウィンドウコントロールの後ろに配置するか,非ウィンドウコントロールを他のすべての非ウィンドウコントロールの後ろに配置します。

SendToBack メソッドを使用すると,コントロールまたはフォームの重なり合う順序を変更できます。

コントロールの重なる順序(Z オーダー)はコントロールをフォームに配置した順番によって決まります。たとえば,ラベルとイメージを積み重ねてフォームに配置すると,最初に指定した方が下になります。ラベルとイメージはどちらも非ウィンドウコントロールなので,指定した順に「重なり」ます。上にあるオブジェクトに対して SendToBack メソッドを呼び出すと,そのオブジェクトが下になります。

ウィンドウコントロールのスタック順も同じです。たとえばフォームにメモを指定してからチェックボックスを指定すると,チェックボックスの方が上になります。チェックボックスに対して SendToBack を呼び出すとメモが上になります。

ウィンドウコントロールと非ウィンドウコントロールを混ぜて重ねることはできません。たとえばフォームにメモ(ウィンドウコントロール)を入れてからラベル(非ウィンドウコントロール)をメモの上に入れると,ラベルはメモの後ろに隠れてしまいます。ウィンドウコントロールは常に非ウィンドウコントロールの上に置かれます。メモに対して SendToBack メソッドを呼び出してもラベルはメモの後ろに隠れたままです。

コントロールにフォーカスがあるときに SendToBack メソッドを実行すると,そのコントロールのフォーカスは失われます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance