表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.DBCtrls.TDBImage

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Vcl.Controls.TCustomControlVcl.Controls.TWinControlVcl.Controls.TControlSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTDBImage

Delphi

TDBImage = class(TCustomControl)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TDBImage : public Vcl::Controls::TCustomControl

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.DBCtrls.pas
Vcl.DBCtrls.hpp
Vcl.DBCtrls Vcl.DBCtrls


説明

TDBImage は、データセットの現在のレコードの BLOB(Binary Large Object)フィールドに格納されているグラフィック イメージを表します。

TDBImage を使用すると、グラフィック フィールドの値を表すことができます。 TDBImage では、データセットに格納されているグラフィカル データをフォームに表示できます。 TDBImage によって、ユーザーは、クリップボードを使用してグラフィカル データを編集できます。 アプリケーションが実行中で、データベース イメージ コントロールにフォーカスが当たっているとき、ユーザーは、標準の Windows アクセラレータ キー(Ctrl+X、Ctrl+C、および Ctrl+V)を使用して、切り取り、コピー、および貼り付けを行うことができます。 データベース イメージ コントロールを元の状態に戻すには、他のレコードに移動する前に Esc キーを押します。

アプリケーションが TDBImage のデータベース対応機能を必要としない場合は、 イメージ コントロール(TImage)を代わりに使用するとシステム リソースを節約できます。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance