表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TApplication

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTApplication

Delphi

TApplication = class(TComponent)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TApplication : public System::Classes::TComponent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms Vcl.Forms

説明

TApplication は,GUI ウィンドウアプリケーションで使用する型です。

TApplication は,ウィンドウアプリケーションをカプセル化します。TApplication で導入されるメソッドやプロパティは,Windows オペレーティングシステムの基本的要素を反映して,アプリケーションを作成,実行,維持,および破棄します。つまり TApplication は,開発者と Windows 環境との間のインターフェースを簡素化します。TApplication は以下の動作をカプセル化します。

Windows メッセージ処理

状況感知型のオンラインヘルプ

メニューアクセラレータとキー処理

例外処理

Windows オペレーティングシステムがアプリケーションに対して定義する基本部分(MainWindow,WindowClass など)の管理

すべての GUI アプリケーションでは,アプリケーションのインスタンスである Application 変数が自動的に宣言されます。アプリケーションが Web サーバーアプリケーション,コントロールパネルアプレット,または NT サービスアプリケーションでない場合,この変数は TApplication 型になります。

TApplication はコンポーネントパレットに表示されないため,フォームデザイナで視覚的に操作することはできません。そのため TApplication には published プロパティはありません。しかし,TApplication のいくつかの public なプロパティは,設計時に[プロジェクト|オプション]で表示される[プロジェクトオプション]ダイアログボックスの[フォーム]ページと[アプリケーション]ページで設定および修正することができます。また,TApplicationEvents コンポーネントをプロジェクト内のフォームに追加して,アプリケーションのイベントをインターセプトし,IDE を使ってイベントハンドラを提供します。

メモ:  表示に影響を与えるアプリケーション全体のプロパティおよびメソッドについては,TScreen を参照してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance