表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TApplication.DialogHandle

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property DialogHandle: HWnd read GetDialogHandle write SetDialogHandle;

C++

__property HWND DialogHandle = {read=GetDialogHandle, write=SetDialogHandle, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms TApplication

説明

アプリケーションで非 VCL ダイアログボックスを使用するためのメカニズムを提供します。

DialogHandle プロパティは,CreateDialog API 関数を使って作成されたモードなしダイアログボックスを表示するときに使用します。DialogHandle プロパティにモードなしダイアログボックスのハンドルを割り当てると,そのダイアログでアプリケーションのメッセージループからのメッセージを参照できます。

ダイアログボックスがアクティブ化メッセージ(WM_NCACTIVATE)を受け取るときには,モードなしダイアログボックスのハンドルを DialogHandle プロパティに割り当て,ダイアログボックスが非アクティブ化メッセージを受け取るときには DialogHandle プロパティを 0 に設定します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance