表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TApplication.ModalPopupMode

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ModalPopupMode: TPopupMode read FModalPopupMode write FModalPopupMode default pmNone;

C++

__property TPopupMode ModalPopupMode = {read=FModalPopupMode, write=FModalPopupMode, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms TApplication


説明

Windows の WS_POPUP スタイル関連するモーダル フォームの動作を制御します。

Windows の WS_POPUP スタイルに関連するモーダル フォームの動作を設定するには、ModalPopupMode を使用します。 ModalPopupMode に設定可能な値は以下のとおりです。

意味

pmNone

ポップアップ ウィンドウは、Delphi 8 より前の動作をします。

pmAuto

ポップアップの処理は自動で行われます。

pmExplicit

このオプションは非モーダル ウィンドウに対して使用します。ウィンドウは常にメイン フォームの最上位に表示されます。


メモ: pmNone 以外の値を使用する場合、永続モーダル フォームと、動的に作成および解放される親フォームを組み合わせると、予期しない結果となる場合があります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance