表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TApplication.OnIdle

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property OnIdle: TIdleEvent read FOnIdle write FOnIdle;

C++

__property TIdleEvent OnIdle = {read=FOnIdle, write=FOnIdle};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event public
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms TApplication


説明

アプリケーションがアイドル状態になった際に発生します。

OnIdle イベント ハンドラを記述すると、アプリケーションがアイドル状態になった際に、特別な処理を実行させることができます。 アプリケーションは、コードを処理していないときに、アイドル状態になります。たとえば、アプリケーションは、ユーザーからの入力を待っている際になどアイドル状態になります。

OnIdle は、アプリケーションがアイドル状態に移る際に、一度だけ呼び出されます。Done パラメータが false に設定されない限り、継続して呼び出されることはありません。Donefalse に設定したアプリケーションは、過度の CPU 時間が消費されるため、システム全体のパフォーマンスに影響がでます。

メモ: TApplicationEvents コンポーネントを使用してもこのイベントに応答することができ、その場合 IDE を使用してイベント ハンドラを割り当てることができます。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance