表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Graphics.TPicture

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

System.Classes.TInterfacedPersistentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTPicture

Delphi

TPicture = class(TInterfacedPersistent, IStreamPersist)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TPicture : public System::Classes::TInterfacedPersistent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Graphics.pas
Vcl.Graphics.hpp
Vcl.Graphics Vcl.Graphics


説明

TPicture には、ビットマップ、アイコン、メタファイル グラフィック、またはユーザー定義のグラフィックが格納されます。

TPicture は TGraphic のコンテナで、グラフィックを保持するために使用され、そのタイプは Graphic プロパティで指定されます。グラフィックが TGraphic クラスのいずれかである場合、これを TGraphic の代わりに使用することができます。LoadFromFile と SaveToFile は、ポリモーフィック メソッドです。たとえば、TPicture が Icon を保持している場合、ビットマップ ファイルをファイルからロード(LoadFromFile)することが妥当です。ここでは、クラス TIcon が、.ICO ファイルのみを読み込みます。

TPicture がビットマップ グラフィックを保持している場合、Bitmap プロパティでグラフィックを指定します。TPicture がアイコン グラフィックを保持している場合、Icon プロパティでグラフィックを指定します。 TPicture がメタファイル グラフィックを保持している場合、Metafile プロパティでグラフィックを指定します。

TPicture のプロパティは、画像オブジェクトが保持するグラフィックの、タイプとサイズを示します。TPicture のメソッドは、グラフィックをロード、保存、操作するために使用されます。

クリップボードへ画像をロードまたは保存するには、TClipboard オブジェクトの Assign メソッドを使用します。

画像をキャンバス上に描画するには、TCanvas オブジェクトの Draw または StretchDraw メソッドを、パラメータに TPicture の Graphic プロパティを渡して呼び出します。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance