表示: Delphi C++
表示設定

FMX

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX は、FireMonkey アプリケーション プラットフォーム(FMX)のユニットおよびユニット スコープが含まれているユニット スコープです。

ユニット スコープ

FMX.AddressBookモバイル デバイス アドレス帳を操作するために設計された、FireMonkey コンポーネント、クラス、インターフェイスが格納されています。
FMX.AnalyticsFireMonkey アプリケーションからのユーザー データの監視を可能にするコンポーネント、AppAnalytics の FireMonkey 実装を保有しています。詳細については、「AppAnalytics の概要」を参照してください。
FMX.ASEFMX.ASE.ImporterFMX.ASE.LexerFMX.ASE.Model の各ユニットが含まれています。これらには、FireMonkey で Adobe Swatch Exchange(.ase)モデルを扱うための機能が定義されています。
FMX.Bind

データセットのナビゲーションに使用される FireMonkey バインディング ナビゲータのクラスおよび型が含まれています。また、いくつかの DB フィールドにリンクするためのさまざまな実装を含むユニットも含まれています。

FMX.Calendar月カレンダーを表示するための、表現用コントロールを定義します。
FMX.CalendarEdit
FMX.Canvas

Direct2D キャンバスおよび GDI+ キャンバス用の登録ルーチンおよび登録解除ルーチンが定義されています。

FMX.ComboEdit定義済みの選択肢のリストを表示するための、表現用編集ボックスを定義します。
FMX.ComboTrackBar特殊な表現用コンボ ボックスで、トラック バーを備えたものを定義します。
FMX.Controlsユーザー インターフェイス コントロールのための FMX.Controls.TStyledControl のクラスが定義されています。
FMX.DAEFMX.DAE.Importer ユニットと FMX.DAE.Model ユニットが含まれており、それらによって COLLADA(.dae)モデルのインポートと操作が可能になります。
FMX.DateTimeCtrls
FMX.DialogServiceTDialogService を提供するユニットで、 TDialogService は、ダイアログ表示時の各プラットフォームによる同期または非同期の動作における違いを管理するヘルプ クラスです。
FMX.Edit一行テキストおよび数値のエディタのための FireMonkey コントロールを定義します。
FMX.EditBox純粋数値を操作するすべての表現用編集ボックスの TCustomEditBox 基底クラスを保有します。
FMX.FilterFMX.Filter.Effects ユニットが含まれています。FMX.Filter.pas や FMX.Filter.hpp のように、ハードウェア(GPU)でレンダリングされる FireMonkey 2D ビットマップ効果で使用されるさまざまなクラスおよび型が定義されています。
FMX.Grid表現用グリッド コントロールを定義します。
FMX.ListBoxリスト ボックスの FireMonkey コントロールが定義されています。
FMX.ListViewリスト ビューの FireMonkey コントロールを定義します。
FMX.MediaLibrary
FMX.Memo表現用メモやマルチライン編集コントロールを定義します。
FMX.MultiViewマルチビュー コンポーネントの基底クラスと型を定義します。
FMX.NumberBox
FMX.PlatformFireMonkey のクロスプラットフォーム OS 抽象概念のグローバル インスタンスが定義されています。
FMX.Presentation
FMX.Printer印刷 デバイス、インターフェイス、印刷関連の機能を定義します。
FMX.ScrollBox表現用スクロール ボックスを定義します。
FMX.SearchBox
FMX.SpinBox表示される数値の増減を行うボタンを備えた、特殊な表現用編集ボックスを定義します。
FMX.StylesFireMonkey スタイルの管理のためのクラスが定義されています。

ユニット

FMX.AcceleratorKeyFireMonkey コントロールに対してアクセラレータ キーのサポートを提供します。
FMX.ActnListFMX.ActnList ユニットは、VCL 用の Vcl.ActnList と同じ用途を持つ、FireMonkey 版です。FMX.ActnList ユニットには、FireMonkey でアクションを扱うための基底クラスが含まれています。
FMX.ActnResFMX.ActnRes は、TStandardActions クラスを 1 つ定義しており、そのフィールド(FileExit1 など)には、標準アクション(FMX.StdActns.TFileExit など)のインスタンスが可能されます。これらのインスタンスには、指定されたデフォルトのタイトル、ショートカットを始めとする標準アクションのプロパティが格納されています。
FMX.Advertising広告サービスに対するサポートを提供します。
FMX.AniFMX.Ani.TAnimation のサブクラス(TFloatAnimation など)、および FireMonkey サポート クラスを定義します。
FMX.Clipboardシステム クリップボードとやり取りする API。
FMX.Colors色を選択するための FireMonkey コントロールが定義されています。
FMX.Controls3D
FMX.DialogsFireMonkey ダイアログ ボックスのためのコントロールが定義されています。
FMX.Effectsソフトウェアでレンダリングされる FireMonkey 2D ビットマップ効果が定義されています(ぼかし、グロー、べベル、反射など)。
FMX.ExtCtrlsその他の追加 FireMonkey コントロールが定義されています。
FMX.FontGlyphs
FMX.FormsFireMonkey 2D フォームおよび 3D フォームと、グローバルな TApplication オブジェクトが定義されています。
FMX.Forms3D
FMX.Gestures

FireMonkey のタッチ機能およびジェスチャ機能のクラスや型が定義されています。 FireMonkey でのジェスチャのサポートは、VCL でのジェスチャのサポートとよく似ています。

一般的な情報については、「FireMonkey でのジェスチャ」および「Metropolis UI アプリケーションのジェスチャ サポート」を参照してください。 VCL の「ジェスチャの概要」も参考になります。

FMX.Graphics
FMX.Header
FMX.ImgListTImageList 画像リストは画像の一元的なコレクションとなります。
FMX.ImportDAE や ASE モデルなど、モデルをインポートするために必要な FireMonkey 機能が定義されています。
FMX.InAppPurchaseアプリケーション内支払 サービスに対するサポートを提供します。
FMX.InertialMovementより大きいコンテンツ内でのスクロール時のスクロール ビュー ウィンドウの慣性移動をサポートできるようにします。 スクロールはマウスまたは指で管理することができます。
FMX.KeyMapping
FMX.Layers3D3D の表面を表すための FireMonkey クラスが定義されています。
FMX.Layoutsコンポーネントの整列と 2D コンテンツの慣性スクロールの機能を提供する、FireMonkey レイアウト コンテナが定義されています。
FMX.MagnifierGlassMagnifierGlass コントロールを定義します。
FMX.MapsFireMonkey での対話型マップの実装です。
FMX.Materials3D オブジェクト用の FireMonkey 材質および材質ソースが定義されています。
FMX.MaterialSources
FMX.Media

FireMonkey のオーディオ/ビデオ メディアのクラスや型が定義されています。

概要については、「FireMonkey でのオーディオ/ビデオ」を参照してください。
FMX.Menusドロップダウンおよびポップアップ メニューのコントロールを定義します。詳細については、「FireMonkey アプリケーションにおけるメニューの使い方」を参照してください。
FMX.MultiResBitmap多重解像度ビットマップを使用すると、Windows、OS X、iOS、Android で解像度が異なる場合でも、画像やアイコンを正しく表示できます。
FMX.MultiTouch

FMX.MultiTouch.TMultiTouchManager クラスを定義します。このクラスは、FireMonkey のマルチタッチおよびジェスチャ機能のために、内部的に使用されます。

ジェスチャに関する一般的な情報については、次を参照してください:

FMX.Objects

2D 描画基本要素(形と画像)を定義します。これらすべての基本要素は、TControl を継承しており、コントロールを構築するためのスタイルで使用されます。

FMX.Objects3DFireMonkey の 3D 描画プリミティブが定義されています。
FMX.PhoneDialer電話ダイヤル サービスおよびその関連情報を定義するクラスやインターフェイスが含まれています。 例としては、「モバイル コード スニペット」を参照してください。
FMX.Pickersピッカーは、さまざまなプラットフォーム下でネイティブな表示とネイティブな動作を備えた選択コントロールを実現する、プラットフォーム固有のエンジンを提供します。
FMX.StdActnsFireMonkey で利用可能な標準アクション クラス(TVirtualKeyboardTFileExitTWindowClose などを含む)を提供します。「FireMonkey のアクション」も参照してください。
FMX.StdCtrlsTButtonTCheckBox、などの標準コントロールのクラスを保有します。
FMX.Surfaces
FMX.Switch.Style
FMX.TabControl複数ページ タブのコントロールが定義されています。
FMX.Textテキスト レイアウト機能に使用されるクラス、レコード、型が定義されています。
FMX.TextLayout
FMX.TreeView階層リストのツリービュー コントロールが定義されています。
FMX.Types2D 描画用の型など、FireMonkey 全体を通して使用される基底型が定義されています。
FMX.Types3D3D 描画用の型など、FireMonkey 全体を通して使用される基底型が定義されています。
FMX.Utils
FMX.Viewport3D
FMX.VirtualKeyboard
FMX.WebBrowser


個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance