表示: Delphi C++
表示設定

FMX.ListBox.TComboBox

提供: RAD Studio API Documentation
移動: 案内, 検索

FMX.ListBox.TCustomComboBoxFMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTComboBox

Delphi

TComboBox = class(TCustomComboBox)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TComboBox : public TCustomComboBox

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.ListBox.pas
FMX.ListBox.hpp
FMX.ListBox FMX.ListBox


説明

TComboBox は、リスト ボックスのボタンで、それにアタッチされます。

ボタンをクリックするとリストが表示されます。 リストから項目を選択すると、その項目がボタンのテキストとして表示されます。 コンボ ボックス ボタンに直接テキストを入力することはできません。

項目を追加するには、フォーム上でコンボ ボックスを右クリックし、[項目の追加]を選択します。 これは、構造化ペインに現れ、個々に編集できる、TListBoxItem オブジェクトを新たに作成します。 また、フォーム デザイナでコンボ ボックス コントロールをダブルクリックして、コンボ ボックスの項目を管理することもできます。 この場合には[項目デザイナ]ダイアログが開き、そこで項目を追加/削除したり順序を変更することができます。

メモ: コントロール内の項目数が、その TListBoxItem リストボックスに現在表示できる項目数より大きかった場合、スクロール バーを使用して、リストボックス内に表示される項目をスクロールさせることができます。 Windows では、スクロール バーはデフォルトで表示されます。 しかしながら、OS X では、スクロール バーはデフォルトでは、表示されません。 OS X では、スクロール バーは、マウス ホイールを使用して項目をスクロールしようとしたときに現れます。 スクロール バーを強制的にデフォルトで表示させるには、次のようなコードを使用します:
ComboBox1.ListBox.AniCalculations.AutoShowing := false;

Windows 8 スタイル アプリケーションの場合は、DropDownKind プロパティの値を Native に設定すると、Windows 8 スタイルのコンボ ボックスを作成できます。 詳細については、Metropolis UI コンボ ボックスの作成」を参照してください。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance