表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Memo.TMemo

提供: RAD Studio API Documentation
移動: 案内, 検索

FMX.Memo.TCustomMemoFMX.ScrollBox.TCustomPresentedScrollBoxFMX.Controls.Presentation.TPresentedControlFMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentTMemo

Delphi

TMemo = class(TCustomMemo)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TMemo : public TCustomMemo

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Memo.pas
FMX.Memo.hpp
FMX.Memo FMX.Memo


説明

TMemo は、複数行テキスト編集コントロール(テキストをスクロールできるもの)です。

TMemo を使用して、標準の複数行編集コントロールをフォーム上に配置することができます。複数行編集ボックスでは、1 行を超えるテキストを入力することができます。大量のテキストを表すのに適しています。

メモ コントロール内のテキストは、全体をまとめて編集することも、1 行ずつ編集することもできます。

メモ コントロール内のテキストの特性は、たとえば FontFontColorCharCase などを使って変更することができます。

メモ コントロールに対する変更を制限するには、ReadOnlyEnabledMaxLength などのプロパティを使用します。

TMemo にフォーカスがない場合、ユーザーがテキストを選択していたとしても、選択箇所を示す長方形は描画されません。テキストが選択されているかどうかは、SelText プロパティを使って確認できます。

メモ: コントロール内の行数が、そのコントロールに現在表示できる行数より大きかった場合、スクロール バーを使用して、コントロール内のテキストをスクロールさせることができます。Windows では、スクロール バーはデフォルトで表示されます。しかしながら、OS X では、スクロール バーはデフォルトでは、表示されません。OS X では、スクロール バーは、マウス ホイールを使用してテキストをスクロールしようとしたときに現れます。スクロール バーを強制的にデフォルトで表示させるには、オブジェクト インスペクタで、メモ コントロールを選択し、AutoHideFalse に設定します。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance