表示: Delphi C++
表示設定

FireDAC.Comp.Client.TFDCustomCommand.NextRecordSet

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure NextRecordSet;

C++

void __fastcall NextRecordSet(void);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDCustomCommand

説明

SQL コマンドで返される、次のカーソルに移動します。


NextRecordSet メソッドは現在のカーソルを閉じ、次のアクセス可能なカーソルに移動し、コマンドを開きます。この呼び出しの実行後に、アクセス可能なカーソルがない場合は、コマンドを閉じます(State = csPrepared)。

Close メソッドは、現在のカーソルを閉じます。CloseAll メソッドは、すべての関連カーソルを破棄します。したがって、すべてのカーソルを取得するには、コマンドを開く前に、FetchOptions.AutoCloseFalse に設定する必要があります。

FireDAC に対する Oracle 社 REF CURSOR はコマンドのカーソルでもあり、NextRecordSet 呼び出しは、次の PL/SQL REF CURSOR パラメータを選択します。

設計時では、コンポーネントを右クリックして、表示されるポップアップ メニューで[次のレコード セット]を選択して、データセットを次のカーソルに移動できます。

 ADCommand1.FetchOptions.AutoClose := False;
 ADCommand1.CommandText.Text := 'select 1 as i; select ''qwe'' as s';
 ADCommand1.Open;
 oTab := ADCommand1.Define;
 try
   ADCommand1.Fetch(oTab);
   ShowMessage(oTab.Rows[0].DumpRow(True)); // output "i: 1"
 finally
   oTab.Free;
 end;
 ADCommand1.NextRecordSet;
 oTab := ADCommand1.Define;
 try
   ADCommand1.Fetch(oTab);
   ShowMessage(oTab.Rows[0].DumpRow(True)); // output "s: qwe"
 finally
   oTab.Free;
 end;
 ADQuery1.CloseAll;

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance