表示: Delphi C++
表示設定

System.AnsiStrings

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

AnsiString 型の文字列を扱うルーチンが提供されています。

ルーチン

AnsiCompareFileName

ファイル名を比較します。

AnsiCompareStr2 つの文字列を大文字/小文字を区別して比較します。
AnsiCompareText2 つの文字列を大文字/小文字を区別せずに比較します。
AnsiContainsStrテキスト内にサブテキストがあるかどうかを、大文字と小文字を区別してテストします。
AnsiContainsTextテキスト内にサブテキストがあるかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
AnsiDequotedStr引用符で囲まれた文字列を、引用符を外した文字列に変換します。
AnsiEndsStrテキストの終わりの部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別してテストします。
AnsiEndsTextテキストの終わりの部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
AnsiExtractQuotedStr引用符付き文字列を引用符なし文字列に変換します。
AnsiFormatBuf形式文字列を使用して引数リストをフォーマットします。
AnsiIndexStr文字列配列内の文字列を、大文字と小文字を区別して検索します。
AnsiIndexText文字列配列内の文字列を、大文字と小文字を区別しないで検索します。
AnsiLastChar文字列の末尾の文字を取得します。
AnsiLeftStr文字列の先頭から指定された長さの部分文字列を返します。
AnsiLowerCase文字を小文字に変換します。
AnsiLowerCaseFileName(非推奨)ファイル名を小文字に変換します。
AnsiMatchStr文字列が文字列配列に含まれているかどうかを、大文字/小文字を区別して判定します。
AnsiMatchText文字列が文字列の配列内にあるかどうかを、大文字と小文字を区別しないで判定します。
AnsiMidStr文字列内の指定された位置から、指定された長さの部分文字列を返します。
AnsiPos文字列内に出現する部分文字列の最初の文字に対するインデックス値を取得します。
AnsiQuotedStr文字列を引用符で囲まれた文字列にします。
AnsiReplaceStr大文字と小文字を区別しながら検索して、文字列内に出現する指定の部分文字列をすべて指定の文字列に置き換えます。
AnsiReplaceText出現したすべての部分文字列を置き換えます。
AnsiReverseStringAnsiString の文字列の並びを反転します。
AnsiRightStr文字列の終わりから指定された長さの部分文字列を返します。
AnsiSameStr2 つの文字列を大文字と小文字を区別して比較します。
AnsiSameText2 つの文字列を大文字と小文字を区別しないで比較します。
AnsiStartsStrテキストの先頭の部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別してテストします。
AnsiStartsTextテキストの先頭の部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
AnsiStrAllocヌルで終わる AnsiString 用のバッファを割り当て、その先頭文字へのポインタを返します。
AnsiStrCompヌルで終わる文字列を比較します。
AnsiStrIComp大文字と小文字を区別しないでヌルで終わる文字列を比較します。
AnsiStrLastCharヌルで終わる文字列の最後の文字を指すポインタを返します。
AnsiStrLComp大文字と小文字を区別して,2 つのヌルで終わる文字列の最初の MaxLen バイトを比較します。
AnsiStrLIComp大文字と小文字を区別しないで,2 つの文字列を MaxLen バイトまで比較します。
AnsiStrLowerヌルで終わる文字列のすべての文字を小文字に変換します。
AnsiStrPos最初の部分文字列を指すポインタを返します。
AnsiStrRScan指定した文字列における最後の指定した文字を指すポインタを返します。
AnsiStrScanStr における最初の Chr を指すポインタを返します。
AnsiStrUpperヌルで終わる文字列のすべての文字を大文字に変換します。
AnsiUpperCase文字を大文字に変換します。
AnsiUpperCaseFileName(非推奨)ファイル名を大文字に変換します。
AppendStr(非推奨)動的に割り当てられた文字列を既存の文字列に追加します。
AssignStr(非推奨)新しく動的に割り当てられた文字列を指定されたポインタに割り当てます。
ByteToCharIndex(非推奨)文字列内の指定されたバイトを含む文字の位置を返します。
ByteToCharLen(非推奨)文字列の最初の MaxLen バイトに含まれている文字数を返します。
ByteType文字列のバイトが 1 バイト文字,2 バイト文字の最初のバイト,2 バイト文字の 2 番めのバイトのいずれであるかを示します。
ChangeFileExtファイル名の拡張子を変更します。
ChangeFilePathファイル名のパスを変更します。
CharLength文字に必要なバイト数を取得します。
CharToByteIndex(非推奨)文字列内の指定された文字の最初のバイトを 1 から始まるインデックスで返します。
CharToByteLen(非推奨)文字列の最初の MaxLen の文字の長さをバイト数で返します。
CharToElementIndex文字列内の指定した文字の最初の要素のインデックス(インデックスの始まりを 1 とする)を返します。
CharToElementLen文字列の最初の MaxLen 個の文字の長さをバイト数で返します。
CompareStr2 つの文字列を大文字と小文字を区別して比較します。
CompareText2 つの文字列が等しいかどうかを大文字小文字を区別せずに比較します。
ContainsStrテキスト内にサブテキストがあるかどうかを、大文字と小文字を区別してテストします。
ContainsTextテキスト内にサブテキストがあるかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
DisposeStr(非推奨)NewStr によってすでに割り当てられた文字列ポインタを破棄します。
DupeString文字列のコピーを作成します。
ElementToCharIndex文字列内の指定した要素を含む文字の位置を返します。
ElementToCharLen文字列の最初の MaxLen 個の要素に含まれる文字数を返します。
EndsStrテキストの末尾部分が部分テキストに一致するかどうかを、大文字/小文字を区別して検査します。
EndsTextテキストの終わりの部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
ExcludeTrailingBackslashExcludeTrailingPathDelimiter の以前の名前です。
ExcludeTrailingPathDelimiter末尾の区切り記号を削除したパス名を返します。 メモ: このメソッドは新規の開発には使用しないでください。 特に、マルチデバイス開発を行っている場合は、次世代の実装である System.SysUtils.ExcludeTrailingPathDelimiter を使用することをお勧めします。これはモバイル プラットフォームもサポートしています。
ExpandFileNameファイル名を完全修飾ファイル名に展開します。
ExpandFileNameCase大文字と小文字を区別しないで、ファイル名の近似一致を探す検索を実行して、完全修飾ファイル名を取得します。
ExpandUNCFileNameファイル名を完全修飾ファイル名に展開します。
ExtractFileDirファイル名のドライブ部分とディレクトリ部分を抽出します。
ExtractFileDriveファイル名のドライブ部分を抽出します。
ExtractFileExtファイル名の拡張子部分を抽出します。
ExtractFileNameファイル名の名前と拡張子の部分を抽出します。
ExtractFilePathファイル名のドライブ部分とディレクトリ部分を抽出します。
ExtractRelativePathファイル パス名をベース名からの相対パスで返します。
ExtractShortPathNameファイル名を短縮形式に変換します。
FloatToText浮動小数点値を、指定された書式(Format)、精度(Precision)、桁数(Digits)を使用して、終了文字のない文字列に変換します。
FloatToTextFmt浮動小数点値を、指定された書式を使用して、終了文字のない文字列に変換します。
FmtStr形式文字列を使用して引数リストをフォーマットします。
FormatArgs パラメータに指定された引数リストを、Format パラメータで指定された書式文字列を使用して書式設定します。
FormatBuf配列の引数を整形し、バッファ内にその結果を配置します。
IncludeTrailingBackslashIncludeTrailingPathDelimiter の以前の名前です。
IncludeTrailingPathDelimiterパス名が必ず区切り記号で終わるようにします。 メモ: このメソッドは新規の開発には使用しないでください。 特に、マルチデバイス開発を行っている場合は、次世代の実装である System.SysUtils.IncludeTrailingPathDelimiter を使用することをお勧めします。これはモバイル プラットフォームもサポートしています。
IndexStr文字列配列内の文字列を、大文字と小文字を区別して検索します。
IndexText文字列配列内の文字列を、大文字と小文字を区別しないで検索します。
IsDelimiter文字が区切り文字であるかどうかをテストします。
IsPathDelimiter文字がパス区切り記号であるかどうかをテストします。
LastDelimiter右端にある区切り文字のバイト インデックス。
LeftBStr

文字列の先頭から始まる指定バイト数の部分文字列を返します。

LeftStr

文字列の先頭から始まる指定の長さの部分文字列を返します。

LowerCaseすべての文字を小文字に変換します。
MatchStr文字列が文字列の配列内にあるかどうかを、大文字と小文字を区別して判定します。
MatchText文字列が文字列の配列内にあるかどうかを判定します。
MidBStr

文字列内の指定の位置から始まる指定のバイト数の部分文字列を返します。

MidStr

文字列内の指定位置から始まる指定の長さの部分文字列を返します。

NewStr(非推奨)ヒープ上に文字列を割り当てます。
NextCharIndex次の文字における最初のバイトのインデックス。
PosExオフセットから検索を開始して、部分文字列のインデックス値を返します。
QuotedStr文字列を引用符で囲まれた文字列にします。
RandomFrom指定された配列内の文字列のいずれかをランダムに返します。
ReplaceStr大文字と小文字を区別する検索を用いて、文字列内に出現する指定の部分文字列をすべて指定の文字列に置き換えます。
ReplaceText出現したすべての部分文字列を置き換えます。
ReverseStringAnsiString の文字列の並びを反転します。
RightBStr

文字列の末尾から始まる指定バイト数の部分文字列を返します。

RightStr

文字列の末尾から始まる指定の長さの部分文字列を返します。

SameFileNameファイル名が一致するかどうかを比較します。
SameStr2 つの文字列を大文字と小文字を区別して比較します。
SameText2 つの文字列が等しいかどうかを、大文字と小文字を区別しないで比較します。
SearchBuf

テキスト バッファ内の部分文字列を検索します。

StartsStrテキストの先頭の部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別してテストします。
StartsTextテキストの先頭の部分とサブテキストが一致するかどうかを、大文字と小文字を区別しないでテストします。
StrBufSizeStrAlloc で割り当てた文字列バッファに格納できる最大文字数を返します。
StrByteType文字列のバイトが 1 バイト文字,2 バイト文字の最初のバイト,2 バイト文字の 2 番めのバイトのいずれであるかを示します。
StrCatSource のコピーを Dest の最後に追加し,結合された文字列を返します。
StrCharLength文字 の長さを、バイトで返します。
StrComp大文字と小文字を区別して 2 つの文字列を比較します。
StrCopyヌルで終わる文字列をコピーします。
StrDispose文字列を破棄します。
StrECopyヌルで終わる文字列をコピーします。
StrEndヌルで終わる文字列の末尾を指すポインタを返します。
StrFmt配列のエントリを整形します。
StrIComp区別せずに 2 つの文字列を比較します。
StringReplace文字列内に出現する部分文字列を置き換えます。
StrLCat指定された文字数を文字列に追加します。
StrLComp指定された文字数分だけ 2 つの文字列を比較します。
StrLCopy文字群の指定された最大数まで、ソースから対象までコピーします。
StrLen文字列内のヌルターミネータを除いた文字数を返します。
StrLFmt指定されたオープンな配列にある一連の引数を、バッファ内に整形します。
StrLIComp指定された文字数分,大文字と小文字の区別なしに 2 つの文字列を比較します。
StrLower文字列を小文字に変換します。
StrMove指定された文字数を文字列にコピーします。
StrNewヒープの領域を割り当てて文字列をコピーし,その文字列を指すポインタを返します。
StrNextChar次の文字を指すポインタを返します。
StrPasヌルで終わる文字列を AnsiString に変換します。
StrPCopyAnsiString(長い文字列)を,ヌルで終わる文字列にコピーします。
StrPLCopyAnsiString(長い文字列)の文字を,ヌルで終わる文字列にコピーします。
StrPosStr1 内の最初の Str2 を指すポインタを返します。
StrRScan文字列内の最後の指定文字を指すポインタを返します。
StrScan文字列内の最初の指定文字を指すポインタを返します。
StrUpper文字列を大文字に変換して返します。
StuffStringAnsiString の一部分を別の部分文字列に置き換えます。
TextPos文字列内で最初に出現する部分文字列へのポインタを返します。TextPos では、大文字と小文字が区別されません。
TextToFloatnull 終了文字列を浮動小数点値に変換します。
Trim前後のスペースと制御文字を除去します。
TrimLeft先頭のスペースと制御文字を除去します。
TrimRight末尾のスペースと制御文字を除去します。
UpperCaseすべての文字を大文字に変換します。

TFilenameCaseMatchExpandFileNameCase のファイル一致指示子。

変数

EmptyAnsiStr

空の文字列定数です。

NullAnsiStr

空の ANSI 文字列定数を指すポインタです。

WordDelimiters

単語の区切り記号となる ANSI 文字の集合です。

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance