表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.MessageDlgPos

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function MessageDlgPos(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer): Integer;
function MessageDlgPos(const Msg: string; DlgType: TMsgDlgType; Buttons: TMsgDlgButtons; HelpCtx: Longint; X, Y: Integer; DefaultButton: TMsgDlgBtn): Integer; overload;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall MessageDlgPos(const System::UnicodeString Msg, System::Uitypes::TMsgDlgType DlgType, System::Uitypes::TMsgDlgButtons Buttons, int HelpCtx, int X, int Y)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs Vcl.Dialogs


説明

指定された画面座標の位置にメッセージ ダイアログ ボックスを表示します。

MessageDlgPos を呼び出すと、キャプションを指定する必要がない場合に特定の位置にメッセージ ボックスを表示できます。 (キャプションも指定する必要がある場合は、MessageDlg 関数を使用します。)

Msg は、表示されるメッセージの内容です。

DlgType は、ダイアログ ボックスの目的を示します。 利用可能な値のリストについては Vcl.Dialogs.TMsgDlgType ページを参照してください。

Buttons は、メッセージ ボックスにどのボタンが表示されるのかを示します。 Buttons は、Vcl.Dialogs.TMsgDlgButtons 型です。

HelpCtx は、ダイアログ ボックスの表示中にユーザーがヘルプ ボタンをクリックするか、F1 を押したときに表示されるヘルプ トピックのコンテキスト ID を指定します。

XY は、ダイアログ ボックスが表示される位置の画面座標を指定します。 -1 を指定した場合、メッセージ ボックスは指定された範囲のどこにでも表示できます。

DefaultBtn は、Buttons で指定された中でどのボタンがダイアログのデフォルトであるのかを指定します。 DefaultBtnmbNo の場合、デフォルト ボタン セットはありません。 利用可能な列挙値のリストについては Vcl.Dialogs.TMsgDlgType ページを参照してください。

メモ: ユーザーがメッセージ ボックスで〔Ctrl+C〕を押すと、メッセージのテキストはクリップボードにコピーされます。


mtConfirmation でクエスチョンマークを表示する

TMsgDlgType.mtConfirmation 型のダイアログ ボックスは情報アイコンを表示します。

今までは、クエスチョン マークを代わりに表示していましたが、Microsoft は、VCLTMsgDlgType.mtConfirmation ダイアログ ボックスを表示するのに使用している Windows API 関数からクエスチョン マークのシンボルを削除してしまいました。Microsoft では次のように述べています。

「疑問符のメッセージ アイコンは推奨されなくなりました。これは、このアイコンがメッセージの具体的な種類を明確に表さないためであり、また、疑問形のメッセージはどの種類のメッセージにも使用できるためです。 さらに、ユーザーがメッセージ シンボルの疑問符をヘルプ情報と混同する可能性もあります。」

以前のダイアログ ボックスの概観を使用するには、Vcl.Dialogs ユニットの UseLatestCommonDialogs 変数を False に設定しなければなりません。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance