表示: Delphi C++
表示設定

モバイル チュートリアル:モバイル アプリケーションで LiveBinding を使用してリスト ボックスに値を設定する(iOS および Android)

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

モバイル チュートリアル への移動

データベースおよび LiveBinding のチュートリアル への移動


このチュートリアルでは、モバイル デバイス上で LiveBinding を使用して FireMonkey リスト ボックス コントロールにデータを接続する手順を示します。

ステップ 1:プロジェクトを作成する

このプロジェクトでは、リスト ボックス、四角形、さらにプロトタイプ用バインディング ソースが必要です。これらのコンポーネントは以下の手順で追加します。

  1. 次のいずれかを選択します。
  2. [ツール パレット]TListBox コンポーネントを選択し、フォーム デザイナ上にドロップします。
  3. フォーム デザイナでリスト ボックス コンポーネントを選択し、[オブジェクト インスペクタ]DefaultItemStyles.ItemStyle プロパティを探します。このプロパティを listboxitemrightdetail スタイルに設定します。

    LBListBoxiOS2.png

  4. リストボックス コンポーネントの選択を、フォーム デザイナの空白領域をクリックして外します。
  5. [ツール パレット]TRectangle コンポーネントを選択し、フォーム デザイナ上にドロップします。
  6. フォーム デザイナで四角形コンポーネントを選択し、[オブジェクト インスペクタ]Align プロパティを Bottom に設定します。
  7. リスト ボックス コンポーネントを選択し、Align プロパティを Client に設定します。
  8. さらに、TPrototypeBindSource[ツール パレット]からフォームにドロップします。

この時点で、フォームは次の iOS 画面のようになっています。

LBListBoxiOS.png

このチュートリアルでリスト ボックスおよび四角形にリンクできるように、色名のサンプル データを TPrototypeBindSource コンポーネントに追加する必要があります。

  1. TPrototypeBindSource コンポーネントを右クリックし、コンテキスト メニューから [フィールドの追加]をクリックします。
  2. [フィールド データ]のリストから[AlphaColors][ColorsNames]を選択し、[値をシャッフルする]をオフにします。
    こうすると、アルファベット順に並んだサンプル データ(アルファ色の値と名前)が追加されます。

    LBListBoxiOS3.png

  3. [OK]ボタンをクリックすると選択内容が有効になります。これで、LiveBinding で使用するサンプル データの準備ができました。

ステップ 2:LiveBinding を作成する

[LiveBinding デザイナ]を開きます。バインド(矢印)がない次のようなダイアグラムが表示されます。

LBListBoxiOS4.png

  1. PrototypeBindSource1ColorsName1ListBox1Item.Text にバインドします (ColorsName1 をクリックし、マウスを Item.Text までドラッグします)。これで、リスト ボックスにはプロトタイプ用バインディング ソースに含まれるすべての色名が表示されます。
  2. PrototypeBindSource1ColorsName1ListBox1ItemHeader.Text にバインドします。これで、リスト ボックスにはプロトタイプ用バインディング ソースに含まれるすべての色名のヘッダーも表示されます。
  3. [LiveBinding デザイナ]で、ColorsName1ItemHeader.Text を結ぶバインドをクリックします。
  4. [オブジェクト インスペクタ]FillHeaderCustomFormat プロパティを探し、ドロップダウン リストから[SubString(%s, 0, 1)]バインディング式を選択します。
    この時点で、リスト ボックスには、すべての色名がアルファベットごとのグループに分かれて表示されています。

    LBListBoxiOS5.png

  5. PrototypeBindSource1AlphaColor1ListBox1Item.LookupData にバインドします。これにより、選択した色名が正しい色のアルファ値も指すようになります。
  6. PrototypeBindSource1AlphaColor1ListBox1Item.Detail にバインドします。これにより、色のアルファ値がリスト ボックス内の項目の右側に表示されるようになります。
  7. [LiveBinding デザイナ]Rectangle1 ダイアグラム ブロックの省略記号ボタン([...])をクリックし、表示されたダイアログに「Fill.Color」と入力します。[Fill.Color]チェック ボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

    LBListBoxiOS6.png

  8. Rectangle1Fill.ColorListBox1SelectedValue にバインドします。これにより、リスト ボックスで選択した項目に応じて四角形を塗りつぶす色が変わります。
メモ: Fill.ColorSelectedValue にバインドしようとすると、確認メッセージ ボックスが開きます。このメッセージ ボックスで[はい]を選択します。

ここまでの手順を終了すると、LiveBinding 図は次のようになります。

LBListBoxiOS7.png

これでアプリケーションをモバイル デバイス上で実行する準備ができました。

結果

アプリケーションを実行するには、F9 キーを押すか、[実行|実行]を選択します。

リスト ボックスの項目を選択すると、それに応じて四角形の色が変わります。


iOS(iPad) Android(LG-E612)

LiveBindings iOS.png

LiveBindings Android.png

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance