Vcl.VirtualImage.TVirtualImage.ParentShowHint

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property ParentShowHint: Boolean read FParentShowHint write SetParentShowHint default 1;

C++

__property ParentShowHint = {default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.VirtualImage.pas
Vcl.VirtualImage.hpp
Vcl.VirtualImage TVirtualImage

説明

コントロールが、自分のヘルプのHintを表示すべきかどうかを判別するのに、どこを検索すればいいのかを示します。

Vcl.VirtualImage.TVirtualImage.ParentShowHint は Vcl.Controls.TControl.ParentShowHint を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.ParentShowHint を参照しています。

コントロールが、自分のヘルプのHintを表示すべきかどうかを判別するのに、どこを検索すればいいのかを示します。

ParentShowHint を使用すると、フォーム上のすべてのコントロールが、一様にヘルプのHintを表示するのか、それとも一様に表示しないのかを確認することができます。

ParentShowHintTrue の場合、コントロールは、親の ShowHint プロパティの値を使用します。 ParentShowHintFalse の場合、コントロールは自分自身の ShowHint プロパティの値を使用します。

ヘルプのHintを、フォーム上の選択されたコントロールでのみ提供するには、ヘルプのHintを持たせるこれらコントロールの、ShowHint プロパティを、True に設定します。これに伴い、ParentShowHint は自動的に False になります。

メモ: アプリケーション全体に対して、ヘルプのHintを有効にしたい場合には、アプリケーション オブジェクトの ShowHint プロパティを使用します。

関連項目