Linux でのプラットフォーム アシスタントの実行

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

プラットフォーム アシスタント サーバー アプリケーション: PAServer への移動


Linux でプラットフォーム アシスタントを実行するには:

  1. ターミナルを開きます。
  2. PAServer- のインストール場所に移動します。
  3. paserver 実行可能ファイルを ./paserver コマンドを使用して実行します。
次が表示されます:
  • プラットフォーム アシスタントのバナー
  • パスワードの要求:
接続プロファイル パスワード <パスワードがない場合は Enter を押す>

次のいずれかのオプションを選択します。
  • プラットフォーム アシスタントへの接続時にパスワードを要求するには、カスタム パスワードを入力し、Enter キーを押します。
  • プラットフォーム アシスタントへの接続時にパスワードを要求しない場合は、Enter キーを押します。

その後、次の 2 行が ターミナル ウィンドウに表示されます:

Starting Platform Assistant Server on port 64211 

Type ? for available commands
>

> コマンド プロンプトは、プラットフォーム アシスタントが指定されたポートで(デフォルトでは 64211)、「待機」モードになっていることを示します。

  • 利用可能なコマンドのリストとその説明を参照するには、h コマンドをターミナルで実行します(「h」と打ち込み Enter を押す)。
  • プラットフォーム アシスタントを終了するには、q コマンドを実行します。

PAServer の詳しい手順については、「プラットフォーム アシスタントのオプションの設定」を参照してください。

関連項目