表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TDataSet.DisableControls

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure DisableControls;

C++

void __fastcall DisableControls();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TDataSet

説明

データセットに関連付けられているデータベース対応コントロール内でのデータ表示を無効にします。

データセット内の多数のレコードに対する繰り返し処理を実行する前に DisableControls メソッドを呼び出すと,アクティブレコードが変更されるたびにデータベース対応コントロールが更新されないようにすることができます。表示更新を無効にしておけば,データはディスプレイに表示されずに済むので,ちらつきを防止し,処理効率を向上させることができます。

コントロール内でのデータ表示が有効になっている場合は,DisableControls はデータセットの現在の状態を記録し,すべての関連付けられているデータベース対応コントロールおよび詳細データセットに状態の変更をブロードキャストし,データセットの無効カウント変数をインクリメントします。それ以外の場合は,DisableControls はこの無効カウント変数をインクリメントするだけです。

無効カウントは,データベース対応コントロール内でデータを表示するかどうかを判定するために内部的に使用されます。無効カウント変数が 0 より大きいときは,データは更新されません。

データセットがマスター/詳細関係のマスターである場合,DisableControls を呼び出すと,マスター/詳細関係も無効になります。DisableControls を呼び出すかわりに BlockReadSize を設定すると,データセットをスクロールしながら詳細データセットを更新します。ただし,データベース対応コントロールは更新されません。

メモ:  DisableControls への呼び出しはネストできます。DisableControls へのすべての呼び出しが対応する EnableControls への呼び出しに一致する場合にのみ,データセットはデータコントロールと詳細データセットを更新します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance