表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TField.DataSize

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property DataSize: Integer read GetDataSize;

C++

__property int DataSize = {read=GetDataSize, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TField


説明

フィールド コンポーネントの値を格納するのに必要なメモリの容量を示します。

DataSize をチェックすると、フィールド コンポーネントの値を格納するのに必要なバイト数を判断することができます。 DataSize を使用すると、フィールドの値をネイティブ形式で操作するのに必要なバッファのサイズを判断することができます。 たとえば、DataSize を使用すると、GetDataSetData メソッドで必要なバッファ サイズを判断することができます。

TField に対する DataSize は 0 です。 TField の大抵の下位クラスでは、このプロパティをオーバーライドして、それらが表す特定のフィールドのタイプで必要なサイズを指定します。 値 0 は、そのフィールドの値にメモリが必要ないという意味ではありません。 値 0 は、そのフィールドに必要なメモリがまだ判別できていないということを示します。

メモ: TBlobField オブジェクトの場合、DataSize は、blob オブジェクトのサイズを返します(それがすでに判別できる場合)。
メモ: 戻り値 TIntegerField.DataSize および TLongWordField.DataSize は、ftInteger に対しての SizeOf(LongInt) や、ftLongword に対しての SizeOf(LongWord) の代わりに、SizeOf(Integer) や SizeOf(Cardinal) を使用するようになりました。


関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance