表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TIndexDef.Options

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Options: TIndexOptions read FOptions write SetOptions default [];

C++

__property TIndexOptions Options = {read=FOptions, write=SetOptions, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB TIndexDef

説明

インデックスの特性を示します。

新しいインデックスを作成するときに Options プロパティを使用すると,インデックスの属性を指定できます。Options プロパティには,TIndexOption 定数の ixPrimary,ixUnique,ixDescending,ixCaseInsensitive,ixExpressioncan の中で,1 つまたは複数を指定できます。また,まったく指定しなくてもかまいません。

既存のインデックスの定義を参照するときに Options プロパティを読み出すと,インデックスの作成に使用するオプションを判別できます。

メモ:  データベースドライバによっては,これらのオプションの一部しかサポートされないことがあります。たとえば,dBASE テーブルでは ixCaseInsensitive はサポートされません。テーブルに有効でないオプションを含めると,例外を生成します。
メモ:  一次インデックス値は必ず一意になります。Options 値に ixPrimary を設定した場合は,ixUnique を指定する必要はありません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance