表示: Delphi C++
表示設定

Data.DB.TParam のメソッド

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索


継承Protected
AfterConstructionpublic最後のコンストラクタが実行された後で応答します。
Assignpublicほかの TParam オブジェクトの Name プロパティおよび Value プロパティをコピーします。
AssignFieldpublicTField オブジェクトの DataTypeName,および Value プロパティを割り当てます。
AssignFieldValuepublicTField オブジェクトから DataType プロパティおよび Value プロパティを代入します。
AssignParamprotected
AssignToprotected
BeforeDestructionpublic最初のデストラクタが実行される前に応答します。
Changedprotectedコレクション項目の変更を反映するようにコレクションを更新します。
CheckDisposedprotected
ClassInfopublic

オブジェクト型の実行時型情報(RTTI)テーブルのポインタを返します。

ClassNamepublic引数で渡される変数の型ではなくオブジェクトインスタンスの型を示す文字列を返します。
ClassNameIspublicオブジェクトが指定の型かどうかを示します。
ClassParentpublic1 つ上位のクラスの型を返します。
ClassTypepublicオブジェクトのクラスへのクラス参照を返します。
CleanupInstancepublicクラス内の長い文字列とバリアントとインターフェース変数に対する終了処理を実行します。
Clearpublicパラメータの Value をヌルに設定します。
Createpublic TParam のパラメータを作成し、それをパラメータ リストに挿入します。
DefaultHandlerpublicメッセージレコードを処理するメソッドのインターフェースを提供します。
DefinePropertiesprotectedパブリッシュされていないデータを,敢えて読み書きするためのインターフェースを提供します。
Destroypublic
DispatchpublicMessage パラメータの内容に基づいてオブジェクトのメッセージ処理メソッドを呼び出します。
DisposeOfpublicDisposeOf は、オブジェクトのデストラクタ コードを、強制実行します。
Equalspublic

現在のインスタンスと Obj パラメータが等しいかどうかを調べます。

FieldAddresspublicパブリッシュオブジェクト項目のアドレスを返します。
Freepublicオブジェクトを破棄し,必要ならば関連付けられているメモリを解放します。
FreeInstancepublicNewInstance メソッドの前回の呼び出しによって割り当てられたメモリを解除します。
GetAsAnsiStringprotectedパラメータの値を System.AnsiString 値として返す protected メソッドです。
GetAsBCDprotectedパラメータの値を TBcd 値として返す protected メソッドです。
GetAsBooleanprotectedパラメータの値を Boolean 値として返す protected メソッドです。
GetAsBytesprotectedフィールド パラメータの値を TBytes 値として返す protected メソッドです。
GetAsCurrencyprotected
GetAsDatasetprotectedTDataSet パラメータを読む取るために、TSQLServerMethod が使用します。
GetAsDateTimeprotected
GetAsFloatprotected
GetAsFMTBCDprotected
GetAsGuidprotected
GetAsIntegerprotected
GetAsLargeIntprotected
GetAsLongWordprotected
GetAsMemoprotected
GetAsObjectprotectedフィールドの値を TObject 値として返す protected メソッドです。
GetAsParamsprotectedTParams パラメータを読む取るために、TSQLServerMethod が使用します。
GetAsSingleprotected
GetAsSQLTimeStampprotected
GetAsSQLTimeStampOffsetprotected
GetAsStreamprotectedTStream パラメータを読む取るために、TSQLServerMethod が使用します。
GetAsStringprotected
GetAsVariantprotectedパラメータの値を System.Variant 値として返す protected メソッドです。
GetAsWideStringprotected
GetDatapublicバッファを、適切な型のデータベース フィールドのネイティブ形式の、パラメータの Value で設定します。
GetDataSizepublic対応する型のデータベース項目で使用されている形式でパラメータの値を保持するために必要なバイト数を返します。
GetDisplayNameprotected
GetDisposedprotected
GetHashCodepublicハッシュ コードを表す整数を返します。
GetInterfacepublic指定したインターフェースを取り出します。
GetInterfaceEntrypublicクラス内で実現された特定のインターフェースのエントリを返します。
GetInterfaceTablepublic指定したクラスで実装されているすべてのインターフェースが入った構造体のポインタを返します。
GetIsNullprotected
GetNamePathpublicオブジェクトインスペクタによって使用される文字列を返します。
GetOwnerprotected当該の項目が属するコレクションを返します。
GetParamObjectprotectedTParam インスタンスがオブジェクト型の値を格納している場合に、このメソッドはインスタンスの値から IParamObject 型のインターフェイスを返します。
HasParamObjectprotectedTParam インスタンスが与えられたオブジェクト型の値を保持しているかどうかを示します。
InheritsFrompublic2 つのオブジェクト型の関係を調べます。
InitInstancepublic新しく割り当てられたオブジェクトインスタンスをすべて 0 に初期化し,インスタンスの仮想メソッドテーブルポインタを初期化します。
InstanceSizepublicオブジェクト型の各インスタンスのサイズをバイト数で返します。
IsEqualprotected
LoadFromFilepublic指定されたファイルから BLOB パラメータの値をロードします。
LoadFromStreampublicストリームから BLOB パラメータの値をロードします。
MethodAddresspublicクラス メソッドのアドレスを名前で返します。
MethodNamepublicアドレスを指定すると、クラス メソッドの名前を返します。
NewInstancepublicオブジェクト型のインスタンスにメモリを割り当て,その新しいインスタンスを指すポインタを返します。
QualifiedClassNamepublic

クラスの修飾名を返します。

Releasepublic
SafeCallExceptionpublicsafecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。
SetAsAnsiStringprotected
SetAsBCDprotected
SetAsBlobprotected
SetAsBooleanprotected
SetAsByteprotected
SetAsBytesprotected指定された TBytes 値でフィールド パラメータの値を設定する protected メソッドです。
SetAsCurrencyprotected
SetAsDataSetprotectedTDataSet パラメータを設定するために、TSQLServerMethod が使用します。
SetAsDateprotected
SetAsDateTimeprotected
SetAsFloatprotected
SetAsFMTBCDprotected
SetAsGuidprotected
SetAsIntegerprotected
SetAsLargeIntprotected
SetAsLongWordprotected
SetAsMemoprotected
SetAsObjectprotectedTObject パラメータを設定するために、TSQLServerMethod が使用します。
SetAsParamsprotectedTParams パラメータを設定するために、TSQLServerMethod が使用します。
SetAsShortIntprotected
SetAsSingleprotected
SetAsSmallIntprotected
SetAsSQLTimeStampprotected
SetAsSQLTimeStampOffsetprotected
SetAsStreamprotectedTStream パラメータを設定するために、TSQLServerMethod が使用します。
SetAsStringprotected
SetAsTimeprotected
SetAsVariantprotected
SetAsWideStringprotected
SetAsWordprotected
SetBlobDatapublicパラメータに対して新しい値を、バッファから、物理データベース形式でコピーします。
SetCollectionprotectedCollection プロパティの値を設定します。
SetDatapublicパラメータに対して新しい値を、バッファから、物理データベース形式でコピーします。
SetDataSetpublicTSqlServerMethod コンポーネントが DataSet パラメータを設定するために使用します。
SetDataTypeprotected
SetDisplayNameprotectedコレクションエディタで表示されるコレクション項目の名前を設定します。
SetIndexprotectedコレクション項目を親コレクションで指定された位置に移動します。
SetObjectValuepublicTParam インスタンスの値を対象オブジェクトに、指定の所有権フラグを使用して設定します。
SetParamspublic
SetStreampublicTParam インスタンスの値を対象ストリームに、指定の所有権フラグを使用して設定します。
SetTextprotected
ToStringpublicクラス名を表す文字列を返します。
UnitNamepublic

クラスが定義されているユニットの名前を返します。

UnitScopepublic

クラスのユニット スコープを返します。


個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance