表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.FetchOnDemand

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property FetchOnDemand: Boolean read FFetchOnDemand write FFetchOnDemand default True;

C++

__property bool FetchOnDemand = {read=FFetchOnDemand, write=FFetchOnDemand, default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient TCustomClientDataSet

説明

必要であればプロバイダからデータパケットをフェッチするかどうかを示します。

デフォルトでは,FetchOnDemand は true です。これは,ユーザーがデータのスクロールや検索を実行するなどの場合に,クライアントデータセットが必要であればデータの追加パケットをフェッチすることを示します。プロバイダが,BLOB 項目またはネストされた詳細セットをデータパケットに自動的に含めない場合にも,FetchOnDemand を true に設定すると,クライアントデータセットは,必要であれば値をフェッチするようになります。

データパケットを必要であれば GetNextPacket メソッドで明示的にフェッチするコードがアプリケーションにある場合にのみ,FetchOnDemand を false に設定します。同様に,FetchOnDemand が false で,プロバイダがデフォルトで BLOB データを含んでいない(Options で poFetchBlobsOnDemand が指定されている)場合も,アプリケーションは,FetchBlobs メソッドで明示的に BLOB 項目をフェッチする必要があります。プロバイダがネストされた詳細セットを含んでいない(Options で poFetchBlobsOnDemand が指定されている)場合で,FetchOnDemand が false の場合,アプリケーションは,FetchDetails メソッドで明示的にネストされた詳細セットをフェッチする必要があります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance