表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.IndexDefs

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property IndexDefs: TIndexDefs read GetIndexDefs write SetIndexDefs stored FStoreDefs;

C++

__property Data::Db::TIndexDefs* IndexDefs = {read=GetIndexDefs, write=SetIndexDefs, stored=FStoreDefs};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient TCustomClientDataSet

説明

クライアントデータセットのインデックスに関する情報を格納します。

IndexDefs プロパティを調べると,インデックス情報を確認できます。IndexDefs は,TIndexDef 項目の配列を保持します。各項目は,データセットの使用可能なインデックスを示します。IndexDefs の値を設定してから CreateDataSet を呼び出すと,クライアントデータセットとともにインデックスのセットを作成できます。

メモ:  IndexDefs のインデックス項目は,データセットで現在使用できるインデックスを反映していない場合もあります。IndexDefs を調べる前に,IndexDefs.Update(Delphi)または IndexDefs->Update(C++)メソッドを呼び出して項目リストを更新してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance