表示: Delphi C++
表示設定

System.Classes.TComponentState

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

type TComponentState = set of (csLoading, csReading, csWriting, csDestroying, csDesigning, csAncestor, csUpdating, csFixups, csFreeNotification, csInline, csDesignInstance);

C++

typedef System::Set<System_Classes__55, System_Classes__55::csLoading, System_Classes__55::csDesignInstance> TComponentState;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
set
typedef
public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes

説明

TComponentState 型は,コンポーネントの現在の状態を示すフラグのセットです。

TComponentState 型は,TComponent インスタンスの ComponentState プロパティに使用できる状態フラグのセットを定義します。次の表に,TComponentState 型がとりうる値と,各フラグの意味を示します。



フラグ コンポーネントの状態

csAncestor

コンポーネントは上位フォームで導入された。このフラグは,csDesigning が同時に設定されている場合にのみ設定される

csDesigning

コンポーネントは,フォームデザイナで操作しているフォームにある

csDestroying

コンポーネントを破棄しようとしている

csFixups

コンポーネントは,まだロードしていない別のフォームのコンポーネントにリンクしている。このフラグは,すべての未解決の問題が解決したときにクリアされる

csFreeNotification

当該コンポーネント自体が破棄されたときに通知するように,1 つまたは複数のほかのコンポーネントから当該コンポーネントに要求があった。このフラグは,ほかのコンポーネントが当該コンポーネントの FreeNotification メソッドを呼び出すときに設定される

csInline

コンポーネントが,設計時に変更できフォームに埋め込める最上位のコンポーネントである。このフラグを使用すると,ロード時と保存時にネストされたフレームを識別できる

csLoading

フィルタオブジェクトがコンポーネントをロードしている。最初にコンポーネントが作成されてから,コンポーネントおよびその子コンポーネントが完全に読み込まれ,Loaded メソッドが呼び出されるまでクリアされない場合,このフラグが設定される

csReading

コンポーネントは,ストリームからプロパティ値を読み取っている。csReading フラグが設定されているときも,常に csLoading フラグが設定されていることに注意する。つまり,csReading は,コンポーネントをロードしている過程で,プロパティ値の読み込みを行っている間に設定される

csUpdating

コンポーネントは,上位フォームでの変更を反映するために更新されている。このフラグは,csAncestor が同時に設定されている場合にのみ設定される

csWriting

コンポーネントは,ストリームにプロパティ値を書き込んでいる

csDesignInstance

コンポーネントは,デザイナのルートオブジェクト。たとえば設計中にはフレームに対して設定されるが,コンポーネントのように動作するフレーム上には設定されない。このフラグは常に csDesigning と一緒に表示される

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance