表示: Delphi C++
表示設定

System.Classes.TStrings.Append

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure Append(const S: string);

C++

void __fastcall Append(const System::UnicodeString S);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes TStrings


説明

リストに文字列を追加します。

Append は、Add メソッドと機能は同等ですが、値を返さない点が異なります。文字列を追加した後でそのインデックスを知る必要がない場合、またはインデックスが返される TStrings の下位クラスでインデックスに意味がない場合は、Append を使用します。

たとえば、メモ オブジェクトによって使用される TStrings の下位クラスは、インデックスを使用して文字列を挿入する位置を特定しますが、挿入された文字列は、リスト内で単一の文字列になるとは限りません。 挿入されたテキストの一部は前の文字列の一部になり、残りの部分は分かれて後の文字列の一部になる場合があります。 このような場合、Add によって返されるインデックスには意味がありません。

TGetStrProc を必要とする関数には、パラメータとして、Add ではなく Append を使用します。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance