表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Menus.TMenuItem.Caption

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Caption: string read FCaption write SetCaption stored IsCaptionStored;

C++

__property System::UnicodeString Caption = {read=FCaption, write=SetCaption, stored=IsCaptionStored};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Menus.pas
Vcl.Menus.hpp
Vcl.Menus TMenuItem

説明

メニュー項目のテキストを指定します。

Caption プロパティは,メニューでこの項目を表す文字列に設定します。文字列の 1 つの文字に下線を付けるには,文字の前にアンド記号(&)を指定します。この種の文字はアクセラレータ文字と呼ばれます。Caption にアクセラレータ文字が指定されている場合は,〔Alt〕を押しながら下線付き文字を入力すると,メニュー項目を選択できます。

ヒント:  メニュー項目のキャプションでアクセラレータ文字の割り当てや調整を自動的に行うには,RethinkHotkeys メソッドを使用します。

Caption プロパティを使用すると,メニュー項目を,メニューを分割する線にすることができます。メニュー項目の Caption 値としてハイフン(-)を指定すると,そのメニュー項目が区切りであることを示すことができます。メニューを複数の列に分割するには,Break プロパティを使用します。

メモ:  このプロパティを TAction オブジェクトで指定する場合,メニュー項目はこのプロパティに格納されません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance