表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Samples.Spin.TSpinButton.DownGlyph

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property DownGlyph: TBitmap read GetDownGlyph write SetDownGlyph;

C++

__property Vcl::Graphics::TBitmap* DownGlyph = {read=GetDownGlyph, write=SetDownGlyph};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Samples.Spin.pas
Vcl.Samples.Spin.hpp
Vcl.Samples.Spin TSpinButton


説明

下方向(Down)ボタン上に表示されるビットマップ。

DownGlyph は、下方向(Down)ボタン上に表示されるビットマップを表します。 1 つのビットマップに、DownNumGlyphs プロパティの値によって変わる、イメージ(各状態につき 1 つずつ)を 4 つまで提供することができます。 すべてのイメージは同じサイズで、1 行にお互いに隣同士になっていなければなりません。

ボタンの 4 つの状態を、次の表で説明します:

ボタンの状態 説明

Up

このイメージは、ボタンが上がっている時に現れます。 このイメージはまた、ボタンがフォーカスされている場合(たとえば、ユーザーのタブがそこに移動したときなど)にも使用されます。 この場合、フォーカスの四角形がボタンの周りに描画されます。 ビットマップに他のイメージがなければ、ビット ボタンはこのイメージを他の状態にも使用します。

Disabled

通常、この画像は淡色表示され、ボタンを選択できないことを示します。

Clicked

このイメージは、ボタンがクリックされた時に現れます。 ユーザーがマウス ボタンを離したときに、再び Up イメージが現れます。

Down

このイメージは、ボタンが下がっている状態の時に現れます。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance