表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Graphics.TBitmap

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Vcl.Graphics.TGraphicSystem.Classes.TInterfacedPersistentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTBitmap

Delphi

TBitmap = class(TGraphic)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TBitmap : public TGraphic

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Vcl.Graphics.pas
Vcl.Graphics.hpp
Vcl.Graphics Vcl.Graphics


説明

TBitmap は、Windows ビットマップ (HBITMAP) をカプセル化しています。これには、パレット (HPALETTE) も含まれます。

ビットマップは強力なグラフィック オブジェクトで、イメージの作成、処理、およびメモリへ、またはファイルとしてディスクへ格納するために使用されます。

TBitmap はビットマップ グラフィックの内部イメージを保有しており、描画される際にパレットの実体化を自動的に管理します。

ビットマップをキャンバス上に描画するには、TCanvas オブジェクトの Draw または StretchDraw メソッドを、パラメータに TBitmap を渡して呼び出します。

TBitmap のコピーの作成は、イメージそのものではなく、ハンドルがコピーされるため、高速に行えます。 イメージが変更され、複数の TBitmap オブジェクトによってハンドルが共有される場合、イメージは、変更が実行される前にコピーされます(つまり、書き込み時コピー)。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance