[プロセスの読み込み|リモート]

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

[実行]メニュー への移動

実行 > プロセスの読み込み... > リモート

リモート デバッグ サーバーが稼働しているリモート コンピュータに接続し、リモート デバッグ セッションを開始します。

項目 説明

[デバッガ]

ターゲット プラットフォームのリモート プロセスに適合するデバッガを次の中から選択します。

  • [Embarcadero Win32 デバッガ]: 32 ビット Windows アプリケーションに使用するデフォルトの組み込みデバッガ
  • [Embarcadero Win64 デバッガ]: 64 ビット Windows をターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に特別に設計されたデバッガ
  • [Embarcadero OS X デバッガ]: OS X が動作する Mac または iOS シミュレータをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に特別に設計されたデバッガ
  • Embarcadero iOS32 デバイス デバッガ は、32 ビットおよび64 ビットの iOS デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
  • Embarcadero iOS64 デバイス デバッガ は、64 ビット iOS デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
  • Embarcadero Android デバッガ は、Android デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
    メモ: [プロセスの読み込み|リモート]は、Embarcadero Android デバッガではサポートされていません。

[リモート パス]

読み込むプロセスの実行可能ファイルへのパスを指定します。

使用しているデバッグ方法に応じて、以下のようにこのフィールドを入力します。

  • 新しいマルチデバイス リモート デバッグ方法を使用している場合、次のいずれかの方法でパスを入力します。
    • 読み込むプロセスへの絶対パスとして。
    • ./(ドット - スラッシュ)で始まる相対パスとして(このフィールドの初期値)。
      ./(ドット - スラッシュ)パスは、プラットフォーム アシスタント サーバーが稼働しているマシン上の接続プロファイル ディレクトリ(現在の接続プロファイルに関連付けられた出力ファイルのデフォルト ディレクトリ)の相対パスです。つまり、./(ドット - スラッシュ)で始まる[リモート パス]は、ターゲット マシン上の <ユーザー名>-<プロファイル名> ディレクトリの相対パスです。プラットフォーム アシスタントや接続プロファイルに関連付けられたディレクトリについての詳細は、「スクラッチ ディレクトリ」を参照。
  • 古い形式のリモート デバッグ方法を使用している場合、リモート コンピュータ上の実行可能ファイルへのパスを入力します。
    この場合、[リモート パス]は、リモート デバッグ サーバー(rmtdbg)が置かれているディレクトリからの相対パスです。

[リモート ホスト]

リモート プロセスが動いているリモート コンピュータの名前または TCP/IP アドレスを指定します。

使用しているデバッグ方法に応じて、以下のようにこのフィールドを入力します。

この 2 つのステップを行うと、リモート アプリケーションまたはマルチデバイス アプリケーションのデバッグに IDE の統合デバッガを使用できるようになります。
  • 古い形式のリモート デバッグ方法を使用している場合:
    • リモート デバッグ サーバー(32 ビット Windows では rmtdbg.exe など)が、リモート コンピュータで実行されている必要があります。 サポートするターゲット プラットフォームごとに、異なるリモート デバッグ サーバー ファイルのセットがあります。
    • リモート デバッグ サーバーの起動時にポートが指定されている場合には、ホスト名の後にコロン(:)とポートを入力します。
    • たとえば、ポート 8000 を指定する場合は、リモート ホストを <ホスト名>:8000 または 127.0.0.1:8000 のように指定します。ポートが指定されていない場合は、デフォルト ポートの 64447 が使用されます。

[パラメータ]

起動時にアプリケーション(またはホスト アプリケーション)に渡すコマンドライン引数を入力します。

[作業ディレクトリ]

デバッグ プロセスで使用するディレクトリの名前を入力します。デフォルトでは、アプリケーションの実行可能ファイルが含まれているディレクトリと同じになります。

[読み込み後]

プロセスの読み込み後に実行するコードがあれば、それを指定します。次のオプションの中から選択してください。

[実行しない]

[実行|トレース実行(F7)でデバッグセッションを開始するのと同じです。

実行可能ファイルを読み込みますが、実行はしません。

[プログラム エントリ ポイントまで実行する]

[実行|ステップ実行(F8)でデバッグセッションを開始するのと同じです。

C++ の場合のみ有効です。main() などの最初のエントリ ポイントまで実行されます。

[最初のソースまで実行する]

[実行|次の行まで実行(Shift+F7)でデバッグセッションを開始するのと同じです。

最初のソース行まで実行されます。

[実行する]

[実行|実行(F9)でデバッグセッションを開始するのと同じです。

プロセスは、デバッガの制御下で最後まで実行されます。

[ランチャ アプリケーションを使用する]

現在は使用されていません。


関連項目