表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.LoadFromFile

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure LoadFromFile(const FileName: string = '');

C++

void __fastcall LoadFromFile(const System::UnicodeString FileName = System::UnicodeString());

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient TCustomClientDataSet

説明

ファイルからクライアントデータセットのデータをロードします。

LoadFromFile メソッドを呼び出すと,外部ファイルに格納されているデータをクライアントデータセットの Data プロパティに入れることができます。FileName は,ロードするデータを格納しているファイルの名前です。FileName パラメータが空の文字列の場合,またはこのパラメータが省略された場合(Delphi),LoadFromFileFileName プロパティで指定されたファイルを読み出します。

設計時にファイルからデータをロードするには,クライアントデータセットを右クリックして,[ファイルから読み込み]を選択します。

メモ:  FileName には,このクライアントデータセットまたは別のクライアントデータセットで前回呼び出した SaveToFile メソッド,または TXMLTransform コンポーネントによってファイルに保存されたデータが格納されている必要があります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance