表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.SaveToFile

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure SaveToFile(const FileName: string = ''; Format: TDataPacketFormat = dfBinary);

C++

void __fastcall SaveToFile(const System::UnicodeString FileName = System::UnicodeString(), TDataPacketFormat Format = (TDataPacketFormat)(0x0));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient TCustomClientDataSet

説明

クライアントデータセットのデータを外部ファイルに保存します。

SaveToFile メソッドを呼び出すと,このクライアントデータセットまたはほかのクライアントデータセットが後で使用できるように,クライアントデータセットのデータを外部ファイルに書き込むことができます。

FileName は,使用する外部ファイルの名前です。ファイルがすでに存在する場合は,ファイルの現在の内容は上書きされます。FileName パラメータに空の文字列が渡された場合(または,Delphi でこのパラメータが省略された場合),データは,FileName プロパティで指定したファイルに保存されます。

Format は,バイナリ(dfBinary),XML(dfXML),または UTF-8 ベースの XML(dfXMLUTF8)など,データの保存に使用するフォーマットを示します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance