表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Graphics.TPathData.LineTo

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure LineTo(const P: TPointF);

C++

void __fastcall LineTo(const System::Types::TPointF &P);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Graphics.pas
FMX.Graphics.hpp
FMX.Graphics TPathData


説明

現在の TPathData に直線を追加します。

直線は、TPathData の終点、および、指定されたによって定義されます。

P パラメータは、追加される直線の終点を示します。

直線の始点を移動させるには、LineTo を呼び出す前に、MoveTo または MoveToRel を呼び出します。

LineTo は、PPoints に追加します。追加される点は、LineTo 型です。

TPathData の終点を見つけるには、LastPoint メソッドを呼び出します。

LineToLineToRel の結果の違いを確認するには、次の表を参照してください。

最初の曲線 LineTo(PointF(a,b)) の結果 LineToRel(PointF(a,b)) の結果

FMXTypesTPathDataInitialPath.PNG

FMXTypesTPathDataLineTo.PNG

FMXTypesTPathDataLineToRel.PNG

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance