表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ExtCtrls.TCustomPanel.BorderWidth

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property BorderWidth: TBorderWidth read FBorderWidth write SetBorderWidth default 0;

C++

__property Vcl::Controls::TBorderWidth BorderWidth = {read=FBorderWidth, write=SetBorderWidth, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.ExtCtrls.pas
Vcl.ExtCtrls.hpp
Vcl.ExtCtrls TCustomPanel

説明

外側のベベルと内側のベベルの間のピクセル単位での距離を指定します。

BorderWidth プロパティを使用すると,パネルの周囲の境界線の幅を指定できます。値が 0 の場合,境界線は表示されません。

パネルの境界線は外部ベベルと内部ベベルとの間の領域です。境界線は,内部ベベルが隆起しているか,陥没している場合に見えるだけですが,BevelInner が bvNone の場合でも,パネル内でのキャプションの位置に影響します。Alignment プロパティが taCenter でない場合,Caption は境界線の内側の端に揃えられます。この端は,BevelInner が bvNone の場合は外部ベベルから BorderWidth で指定されるピクセルの数だけ内側になります。それ以外の場合は内部ベベルの内側の端になります。

パネルの境界線と,パネルの周囲に描かれる線とを混同しないようにしてください。パネルの周囲に描かれる線は BorderStyle プロパティで指定します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance