FMX.Types3D

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

3D 描画用の型など、FireMonkey 全体を通して使用される基底型が定義されています。

パッケージ fmx.bpl

クラス

EContext3DException
EContextManagerException

TContextManager例外クラスです。

IContextObject
ITextureAccess
TClearTargetHelper内部使用用。TClearTargetHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TClearTarget 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TContext3D3D オブジェクトの描画およびレンダリングに使用されるクラスです。
TContextBeforeLosingMessage TContextLostMessage の直後に送られる Message
TContextClass

TContextClass では TContext3D のメタクラスを定義します。

TContextHelper

高レベルの描画および塗りつぶしのルーチンを追加するための TContext3D のヘルパ クラスです。

TContextLostMessageレンダリング コンテキストが失われたことを示すメッセージです。
TContextManager

TContext3D のマネージャ クラスです。

TContextRemovedMessage レンダリングされたコンテキストが削除されたことを示すメッセージ
TContextResetMessageレンダリング コンテキストが作成されたことを示すメッセージです。
TContextShader

ネイティブのシェーダ プログラム、変数リスト、さまざまなアーキテクチャの種類をカプセル化したものです。

TIndexBuffer

インデックス バッファを表します。

TLightTypeHelper内部使用用。TLightTypeHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TLightType 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TMaterial

すべての材質の基底クラスです。

TMaterialClass

TMaterialClassTMaterial のメタクラスを定義したものです。

TMeshData

多面体オブジェクトの形を定義するために使われるクラスです。

TMultisampleHelper内部使用用。TMultisampleHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TMultisample 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TPosition3D

3D オブジェクトの位置を表すクラスです。

TPrimitivesKindHelper内部使用用。TPrimitivesKindHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TPrimitivesKind 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TProjectionHelper内部使用用。TProjectionHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TProjection 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TShaderManager

使用されるシェーダを管理します。

TStencilFuncHelper内部使用用。TStencilFuncHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TStencilFunc 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TStencilOpHelper内部使用用。TStencilOpHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Types3D.TStencilOp 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TTexture

FireMonkey 3D フレームワークで使用されるテクスチャを記述したものです。

TTextureBitmap
TVertexBuffer

頂点バッファを表します。

ルーチン

GetVertexOffset頂点形式に応じた頂点オフセットを返します。
RayCastCuboidIntersect

指定された光線が指定された 3D 直方体図形と何回交差するかを返します。

RayCastEllipsoidIntersect

指定された光線が指定された楕円体図形と何度交差するかを返します。

RayCastPlaneIntersect

指定された光線が指定された平面と交差するかどうかを返します。

RayCastSphereIntersect

指定された光線が指定された球体と何度交差するかを返します。

RayCastTriangleIntersect

指定された光線が指定された 3 つの頂点で構成される三角形と交差するかどうかを返します。

VertexSize形式に基づいた頂点のサイズを返します。
WideGetToken

文字列からトークンを取得します。

TBoundingBox3D における軸に平行な直方体の情報を含むレコード型です。
TBox

3D 空間内の箱を表します。

TClearTarget

コンテキストをクリアする対象を表す列挙型です。

TClearTargets

TClearTarget 項目の集合です。

TContextShaderArch

シェーダ アーキテクチャの種類を列挙したものです。

TContextShaderCode

バイトの配列です。

TContextShaderHandle

コンテキスト シェーダの固有のハンドルです。

TContextShaderKind

シェーダの種類を列挙したものです。

TContextShaderSource

シェーダのソースを定義するものです。

TContextShaderVariable

シェーダ変数を定義するものです。

TContextShaderVariableKind

シェーダ変数の種類を列挙したものです。

TContextShaderVariables

TContextShaderVariable の配列です。

TContextState

コンテキストの種類を表す列挙型です。

TContextStyle
TContextStyles
TIndexFormat
TLightDescription
TLightDescriptionList
TLightType

照明モードの列挙型です。

TMatrix3DDynArrayTMatrix3D オブジェクトの(可変長の)動的配列です。
TMeshVertex

メッシュの頂点を定義するものです。

TMultisample

アンチエイリアス(マルチサンプリング)モードの列挙型です。

TPoint3DDynArrayTPoint3D オブジェクトの(可変長の)動的配列です。
TPointFDynArrayTPointF オブジェクトの(可変長の)動的配列です。
TPrimitivesKind
TProjection

投影モードの列挙型です。

TStencilFunc

ステンシル関数の列挙型です。

TStencilOp

ステンシル操作を列挙した型です。

TTextureFilter

テクスチャ フィルタの種類を列挙したものです。

TTextureHandle

テクスチャの固有のハンドルです。

TTextureStyle

テクスチャのスタイルを列挙したものです。

TTextureStyles

TTextureStyle の集合です。

TVertexDeclaration
TVertexElement
TVertexFormat頂点の形式を列挙した型です。
TVertexFormats

TVertexFormat 形式のセットです。

変数

NullPoint3D空間内の、すべての座標が 0 に設定された 3D の点を定義する TPoint3D 型の定数です。
NullVector3DX、Y、および Z 構成要素が 0 に、W が 1 に設定された null 3D ベクトルを定義する tagVECTOR3D 型の定数です。

定数

MaxLightCountMaxLightCount: Integer = $100;